新規プロジェクトの作成とシーケンス設定

PremiereProで編集作業を開始する上では必要不可欠の新規プロジェクトとシーケンスの作成、そしてそれぞれのセットアップの仕方ついて紹介したいと思います。

PremiereProでは、新規プロジェクトを作成しシーケンス設定をするだけで、編集作業をはじめることができます。

PremiereProを起動すると「ホーム」画面が同時に表示されるので、続けて「新規プロジェクト」ボタンをクリックします。するとダイヤログが表示されるので、ひとまずプロジェクト名とプロジェクトの保存場所を指定しましょう。

では、そのすぐ下の「一般」タブの内容を確認してください。一番上の「レンダラー」メニューを利用できる場合は、「Mercury Playback Engine – GPU高速処理」を選択しましょう。これは使用しているパソコンに、互換性のあるグラフィックハードウェアがインストールされていることを意味し、このオプションを選択することで、はるかに優れたパフォーマンスを得ることができます。具体的には、クリエイティブな編集作業中に、複数のビジュアルエフェクトを適用したクリップを試しに再生するような場合でも、“カクカク”(コマ落ち)した映像になりにくいというようなことが挙げられます。

一般タブ内のその他の項目は、上から「タイムコード」「オーディオサンプル」「DV」と、他のタブの内容についても、基本的にはデフォルトの状態で問題ありません。必要であれば後からでも変更できます。

プロジェクトが開いたら、シーケンスの作成とセットアップを行います。「プロジェクト」パネルの下部にある「新規項目」メニューボタンから「シーケンス」を選択し、表示されるダイヤログでセットアップを行います。

このとき、シーケンスに追加するビデオ及びオーディオクリップが、シーケンスに適合するように設定する必要があります。つまり、アセット集めに使用したカメラが記録する、ビデオやオーディオの種類を把握しておく必要があるということです。ただしPremiereProには、たくさんのシーケンスプリセットが用意されているので、カメラのタイプに合わせて正しい設定を簡単に選ぶことができます。またプリセットを使わずにカスタム設定をする場合は、「設定」タブの下にある「プリセットの保存」ボタンからシーケンス設定を保存しておくと、次回以降の時間短縮になります。

シーケンス設定も後から変更することができますが、万が一、間違った設定をしてしまったとしても、シーケンスにクリップを追加する際に、シーケンス設定を自動的に適合させるかどうかを尋ねられます。

また「どのように設定をすればいいのかまったく分からない」場合も、心配する必要はありません。プロジェクトパネル内の任意のクリップを、直接、新規項目メニューボタンまでドラッグアンドドロップしましょう。これでクリップと一致するシーケンスが作成されます。

動画制作のワークフローとパネルの役割

メディアファイルを取り込んで整理する

関連記事

  1. クロールタイトルとエンドロールを作成する

    レガシータイトルとエッセンシャルグラフィックスパネルの両方を例に、クロールお…

  2. 合成を実践する前に知っておきたい基本知識

    エフェクトの組み合わせや調整といった実践的な合成テクニックを学習する前に知っ…

  3. キャプションパネルを使って字幕を追加する

    レガシータイトルやエッセンシャルグラフィックスパネルを使用する以外の方法で、…

  4. カラー補正におけるLumetriスコープの役割を…

    PremierePro以外のカラーグレーティングソフトにも共通し、メディア業…

  5. 静止画キャプチャとプロジェクトの書き出し

    PremiereProで進めてきたプロジェクトにおけるシーケンスやクリップま…

  6. エフェクトコントロールの基本を押さえる

    クリエイティブツールとしてのPremiereProを最大限に活用する上で重要…

  7. 用途を理解した上でトランジションを使う

    トランジションというクリップ間の橋渡しをするエフェクトアニメーションを使用す…

  8. Lumetriカラーを使用したカラーグレーティン…

    PremiereProで行うカラーグレーティングの理解を深めるために、Lum…

PAGE TOP